あるがまま

中国ツアー2019が終わってしまった。
5月 広州 長沙 杭州
7月 深圳 上海 北京
10月 成都 武漢 南京

今の率直な感想は、9都市公演を無事に終えることができてホッとした反面、寂しい気持ちもあるかな。

ツアーラストの南京の楽屋で漏れてくるEverlasting Truthを聞いた時に、これまでのツアーを思い返して泣きそうになっちゃった。。。

俺の中で音楽って戦いだと思ってて、正直「楽しい!」感じたことはなかった。
思い描いた自分の理想を超えられたか、超えられなかったかで、常に自分をどこか見下し続け「まだいける。まだやれる。こんなもんじゃない。」って言い聞かせることで音楽に対する熱量を保ってきた。

確かにそれも大事だとは思うよ。

でも、この中国ツアーでreplusさん、ナベさん、モリスさん、あすかさん、わかなさんと一緒に音楽をやって初めてステージ上で「楽しい!」って思えた。

歌いながらみんなと顔を見合わせながら呼吸を感じて神経を研ぎ澄ます。
一つの音に自分をさらけ出す。
うまくいこうが、そうじゃなかろうが、一つの音に今の自分にできる100%をぶつける。
自然にそう感じ始めた。

今までの俺に足りなかったものを中国で見つけた。

かっこ悪くてもいい。
それも今の俺。
音程外してもいい。
それも今の俺。

さらけ出せなかった自分にプレッシャーをかけ続け勝手にビビって、勝手に苦しんでた。
もうやめよう。
せめてステージの上は「あるがまま」でいよう。

最後に
ここまで支えてくれたreplusバンドの皆さん、JFK、Badnews、中国のスタッフ、そして中国ツアーに来てくれたお客さんに心から感謝します。
自分1人では辿り着けなかった気持ちをみんなが教えてくれました。

また一緒に行きたいな。

0コメント

  • 1000 / 1000